昼寝用の携帯マクラで頭を冴え渡らそう・国内、海外を問わず、エンターテイメント、スポーツ、ゲームなど気になるニュースを独自の視点で綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼寝用の携帯マクラで頭を冴え渡らそう


「昼寝」=「サボリ」は時代遅れ! 日本睡眠学会がその効能を検証したことで、15-20分の“お昼寝”を推進するオフィスや学校が増える中、ついに「携帯型昼寝専用枕」まで登場したが、その使い心地とは──。




大した時間、眠ったわけでもないのに妙にすっきりしていて、コンディションが整っている、そんな経験誰でもあるのではないでしょうか。
睡眠は量より質ともいいますし、自分も昼過ぎの意識がゆったりとしている時間に数十分ほど思いっきり寝ると、気分がリフレッシュできることが多々あります。



確かに、ほんの少しでも、昼寝のあとはスッキリして、仕事もはかどるもの。しかし、効能はそれだけではない。

 携帯昼寝専用枕「ちょっとひる~ね」(6090円)を発売するドリームワンの関根幸一ゼネラルマネジャーは「血圧が下がり、リラックスできます。さらに、定期的に昼寝を取る人は、とらない人に比べアルツハイマー発症率が3分の1まで減り、また、仕事に対し意欲的であるともいわれ、都市部で昼寝場所を提供するビジネスホテルまで出現しています」と語る。




昼寝の効能が見直されてこれば、必然的に出てきそうな商品ですね。
何か嫌なことがあっても
「寝たら忘れるよ」
と言われるように、睡眠を効果的にとることによって、心的ストレスがかなり軽減されそうです。



上手な昼寝の取り方は「(1)眠気がくる前に開始し、午後2時までの30分以内に留める。(2)覚醒作用が20-30分後に働くコーヒーを直前に飲む。起きたら10分ほど太陽の光を浴びて体操を」とか。




コーヒーの覚醒作用の時間まで見据えているのは中々プロな気がします。起きてすぐに覚醒できればこの上ないですから、ぜひともこれは実践してみたいですね。



昼寝は決して怠け者の証拠ではない。仕事面、健康面でも奨励すべきことであり、快適ビジネスライフの第一歩。明日から堂々と昼寝させていただきますよ、デスク!?

(引用:ITmedia News




ぜひどんどん奨励していって欲しいですね。
まだまだ昼寝の効能に疎い会社や学校がほとんどだとは思いますが、昼休みの時間を有効活用して、有効に時間を使っていけるといいですね。



スポンサーサイト
Copyright © 気になるニュース解剖ブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。