歩く速度、一番速い都市はどこ?・国内、海外を問わず、エンターテイメント、スポーツ、ゲームなど気になるニュースを独自の視点で綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩く速度、一番速い都市はどこ?


世界で最もせっかちな都市はシンガポール、コペンハーゲン、マドリード―。英ハートフォードシャー大のリチャード・ワイズマン教授が都市住民の歩く速度を生活ペースの目安として調べたところ、こんな結果が出た。また、全世界的にみて人々の歩行速度は10年前に比べて10%速くなっており、特にアジアが顕著だとしている。




今はどちらかというと、のどかな田舎側の町に住んでいるのですが、一年ほど大阪のとある駅周辺に住んでいたことがありました。
その時感じたことがまさにこれで、みんな歩く速度はえー、と感じたことを覚えています。



ワイズマン教授は各都市の成人住民35人に60フィート(約18メートル)歩いてもらい、平均所要時間を調査。その上で、米カリフォルニア州立大の教授が10年前に調べた結果と比較してみた。
 それによると、最も速かったのはシンガポール、コペンハーゲン、マドリードの3都市。10年前との比較では、シンガポールが30%、中国の広州が20%も速まっていた。一方、速いと思われていた都市は比較的遅く、ニューヨークは8位、ロンドンは12位、東京は16位だった。最もゆっくりしていたのはマラウイのブランタイアとバーレーンのマナマという。




日本人が一番早いかとも思っていたのですが、16位ですか。
他の都市と比べたらそれほど早くもないんですね。



ワイズマン教授は「一般的に歩く速さは、どれだけ急いでいると感じるか、どれだけ機敏に物事をすべきだと感じているかによって決まる」と述べ、「人がメールを送り、10分以内に返事がないと『相手はどこにいるんだ』と考える今日の状況は驚きだが、(調査結果は)もっぱらテクノロジーの進歩がもたらしたものだと思う」と指摘。「自分の生活があまりにせっかちになっているのではと心配な人は、しばしば一番目に食事を終えていないか、通りを歩く人々の後ろにいていらいらしないか、待ち客の短い列があると店を出ていないか自問してみるべきだ」と語っている

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070502-00000179-jij-ent




普段、せっかちになりがちな方は、休日くらいは公園などをのんびり歩いてリフレッシュするといいかもしれませんね。



スポンサーサイト
Copyright © 気になるニュース解剖ブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。