松本人志の「大日本人」がカンヌへ・国内、海外を問わず、エンターテイメント、スポーツ、ゲームなど気になるニュースを独自の視点で綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本人志の「大日本人」がカンヌへ


お笑い芸人、松本人志が企画・監督・主演を手がける映画『大日本人』(6月2日よる全国公開)。吉本興業が初めて本格的に映画界へ進出することでも話題の本作だが、なんとカンヌ映画祭「監督週間」部門の正式招待が決定した。




ボケの天才、松ちゃんの製作映画ということで興味を惹かれます。
ビートたけしのように映画界でもその異才を発揮できるでしょうか。



世界三大映画祭のなかでも最も権威のある国際映画祭とされるフランス・カンヌ国際映画祭。その本年度(5/16~27開催)の「監督週間」部門に、松本人志監督作品『大日本人』が招待されることが決定した。監督週間とは、コンペティション部門とは異なり、作家性の強い才能を世界に紹介するという理念で作品が選出される、歴史ある部門だ。
 今回の『大日本人』の選出についてカンヌ映画祭ディレクターは「これはある種のコメディの最高傑作だと思います。ファンタジーとドキュメンタリーを非常に独創的で興味深い手法で融合させた全く新しいコンセプトの映画の誕生です。私のまわりでもすでにこの映画の熱狂的なファンが存在します」とコメントしている。




やはり少しコメディタッチの作品なのですねー。
初監督作品にして即カンヌに招待されるというのは、やはり才能なのかなと思います。どんな作品かこの解説文ではまだ検討もつかないので、実際に見るまでのお楽しみですね。



一方、松本は「どうなんですかね。カンヌといわれても正直、まだピンときてないのですが、とにかく僕の映画を認めたカンヌは僕も認めます(笑)。映画祭のこととかは全く頭に入れず、あくまでも日本人向けに作ったので、外国の人がどう観るかは興味はありますね」。
 本年度のカンヌ選出作品のなかでも突出した個性を放つ作品になることは間違いなさそうだ。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000022-oric-ent




カンヌ映画祭をまるで権威と感じていないところが松っちゃんらしいですね。
お笑いの天才松本人志の作品が、世界からどう見られるか、注目ですね。



スポンサーサイト
Copyright © 気になるニュース解剖ブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。