パソコンを使わない若者が増えている?・国内、海外を問わず、エンターテイメント、スポーツ、ゲームなど気になるニュースを独自の視点で綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンを使わない若者が増えている?


自宅でパソコンを使わない若者が増えている。ケータイさえあれば、パソコンでできることが何でも手軽にできてしまうからだ。WordやExcelを搭載したケータイも登場、バカ売れ状態で、ノートパソコン市場を食っている。家庭の中からパソコンが無くなる日も近い!?




なるほど。もし自分がパソコンですること全て、携帯でまかなえるようになったら、パソコンを使う必要があるのかという疑問が出てくるのは当然ですよね。
自分の場合はパソコンに張り付いている時間が好きなので、触らない日がないというくらいですが。



都内に住む20代男性サラリーマンのAさんは、自宅で殆どパソコンに触らなくなった。

「メールはもちろん、グーグル検索からホームページの閲覧、ゲームも何でもケータイでできますから。いちいちパソコンを立ち上げる必要なんて無いんです」
同30代サラリーマンのBさんは、2002年頃に「iモード」に代えてからパソコンをだんだん使わなくなったという。

「でっかいファイルを見るときはパソコンが必要ですが、そんなファイルを見る機会はめったにありません。家で仕事をしない人なら、パソコンなんて必要ないと思いますよ」




年々、携帯でできることが増えてきましたね。
これから先、ますますミニパソコン化していきそうです。



『ズバリ!奪う市場はノートパソコン市場』というケータイも登場した。これがバカ売れで、発売当初は生産が間に合わなかった。それがウィルコムの「W-ZERO3」。WordやExcelなどのソフトが入っていて、スライド式のキーボードが装備されている。価格は3万9,800円だが、品薄が続いてオークションで10万円の値段が付いたと話題になった。これまで15万台売れ、06年7月には新バージョンも登場した。この人気をウィルコム広報は、

「ケータイなのにExcelのようなソフトが入っている今までに無かった商品という点と、買ってすぐに使える手軽さが受けたのではないか」
とJ-CASTニュースの取材に答えた。家庭からパソコンが消えていくかもしれない流れを作っているのは、そうした若い層だ。

(引用:J-CAST ニュース




やはり携帯だけに、いつでもどこでも持っていくものなので、やりたいときにいつでも使えるということが大きそうですね。
自分は携帯は電話とメールくらいしか使わないので、こういう世の中の流れになっているのを見て、少し驚きました。

ちなみにこれ2006/9/ 8の記事でしたね。
いつの間にか古い記事へ辿り着いていたようです><



スポンサーサイト
Copyright © 気になるニュース解剖ブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。