気になる色々な物・国内、海外を問わず、エンターテイメント、スポーツ、ゲームなど気になるニュースを独自の視点で綴っていきます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに登場…実物大ガンダム


富士急ハイランドは、「機動戦士ガンダム」の新アトラクション「GUNDAM CRISIS」(ガンダム クライシス)を7月にオープンする。昨年末に終了した「GUNDAM・THE・RIDE」に続く第2弾。“実物大”ガンダムの格納庫を舞台にしたウォークスルータイプのアトラクションだ。




この等身大ガンダムの全長は、なんと18Mだそうです。
いつか誰かが作るのではないかと思っていましたが、アトラクションとしてついに製造されたわけですね。
去年、閉館となったガンダム・ミュージアムには上半身の等身大ガンダムがあったそうですが、今度は紛れもなく全身だそうで、ガンダムファンじゃない方もその迫力に一見の価値がありそうです。



続きを読む
スポンサーサイト

男性の喫煙率、4割を切る


男性喫煙率、4割切る=05年、調査で初めて-厚労省




喫煙率とかってあまり気にしたことはなかったですが、大体4割くらいなんですね。
側にいる人がみんな吸っていると、何かほとんどの人が吸ってるのかなぁと錯覚に陥ることもありますが。
自分は吸ったことがなく、タバコのうまさというものを知らないので、吸ってみたい気もしますが、味を知ってしまったら中毒になりそうなので、とりあえず手をつけていません(`・ω・´)



続きを読む

第一生命のサラリーマン川柳


 「脳年齢 年金すでに もらえます」-。第一生命保険が14日発表した「サラリーマン川柳コンクール」で、脳の柔軟さを測定するゲームソフトが大ヒットした世相をうたった句が1位に選ばれた。年金問題への関心の高さもうかがえる。




いやはや、うまいですね(´・ω・`)
今年はやたらと脳力、脳力と騒がれていて、脳年齢を計ったりするソフトがやたらと目につきました。
そして、その検査結果に驚愕した人も多かったのではないでしょうか。
そんな世間の様子をうまく表した川柳だと思います。



続きを読む

皇居お濠の外来魚の駆除と捕獲


皇居のお濠(ほり)で、環境省が電気ショックによる外来魚の捕獲作戦を進めている。




外来種による、在来種の捕食等によって生態系が乱れたりする問題が相変わらず起きていますが、今回は皇居のお濠(ほり)にて、その駆除・捕獲作戦が展開されたようです。



続きを読む

ツバメの巣は、人けの多いところに作る


ツバメの巣作りは、人けのあるところで――。伊勢市の野鳥の会員が、繁華街3カ所で、ツバメの営巣数を調査したところ、人けが多くなると巣の数は多くなるが、人けが少なくなるにつれ減少していることを確認した。ツバメには、カラスや蛇などの天敵から卵やひなを守るため、好んで人けの多い所に営巣する習性に着目、13年前から続けている。一方で、進行する駅前繁華街の空洞化が、改めてツバメの巣からも裏付けられた。




確かに人通りが多ければ、カラスや蛇などはあまり寄ってこなくなりますが、そもそも人間を天敵とは思っていないということなんですね(´・ω・`)
まあ、よほど都合が悪くない限り、ツバメが巣を作ってもそれをどうにかしようということもないと思いますが、とりあえずツバメは人間と共存しようとしているんですねー。



続きを読む

男性向け ホテルで一人になる「宿泊プラン」


男性がホテルに宿泊し、部屋からほとんど出ないでくつろぐ。そんな宿泊プランがトレンドになっている。「一人になれる時間がほしい」という疲れたお父さん達をターゲットに、室内で遊べるラジコンを用意しているホテルもある。




男心がよくわかってますね…w
男性の皆さんは特に、ふと一人きりでぼ~としたり、好きなことしたりする時間が欲しいと思う方が多いのではないでしょうか。



続きを読む

プラチナ製のガンダム


バンダイと田中貴金属ジュエリーは、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の純プラチナ製フィギュアを共同制作し10日、報道関係者に公開した。非売品だが、3000万円相当の価値があるという。




中々作りこまれていて、さすがメーカー制作という感じがします。
3000万円では、さすがにガンダムファンといえども、中々手はでないかと思いますが、売りに出してみれば案外売れたりするのかもしれませんね。
非売品ということで残念です。



続きを読む
Copyright © 気になるニュース解剖ブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。